オアフ島の穴場ポイント「ライエポイント」

ハワイにはまだあまり知られていないスポットがまだまだいっぱいあります。
今回は、パワースポットとしても知られている、ライエのライエポイントをご紹介します。

ライエポイント
ライエは、ポリネシア・カルチャー・センターがある町で
オアフ島のワイキキから一番遠いといわれている街でもあります。
なかなかツアーなどもなく、ラナイポイントには日本人観光客などはいっさいなく、
ローカルの子供たちや、サーフィンのために長期滞在している欧米人が訪れるのが多いようです。

ライエポイントは、以下の地図の場所にあり、
ライエ湾の南側に突き出た岬で、周辺にはいくつか小さな島があり、海鳥が多く生息しています。
冬にはノースショアの荒れた海を目にむることができますが、高波には十分気をつけてください。
ここのポイントから見えるククイホオルア島(Kukuihoolua)のアーチ状の穴の間を波が通り抜けてくる姿は感動ものです。

こちらのポイントの脇では、ローカルの子供たちや、観光でやってきた若者たちが
がけの上からDIVEを楽しんでいます。
ローカルのこともたちは、慣れていて、一回転して飛び込んだりと何度みていてもあきません。
勇気があるひとは、是非チャレンジしてみてください。

ライエポイント

ライエ・ポイントには、こんな伝説があるそうです。
大昔、この付近で悪さをする大トカゲがいて、カナという名の戦士がその大トカゲを退治しました。
退治したその大トカゲを5ツに切り裂いて海に捨てました。
カエナ・ポイントも、チャイナマンズ・ハットも、
近くの小島はその大トカゲのバラバラになった体ということです。

お時間があって、ハワイの知られていない穴場スポットに行きたい人には
本当にお勧めのスポットです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする